借地権を相続した時の選択

相続した借地権の売却を考えている人の中には、どのくらいの相場で売約することができるのか?と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。一般的には借地権の相続税の課税評価額は借地権割合に乗じて計算されているのですが、これは相続税を確定するための基準であり、借地権の売買価格の相場ではありません。借地権はその土地に建物が建っていて価値が生まれるものです。ですから、借地権だけの売却の場合は、本来の価値の半分になってしまうこともあります。

借地権を相続した時の選択肢は売却以外にもあります。まずは借地権契約をそのまま継続して自宅として住み続けるという選択です。次は、低地を地主から買い取り、その土地の所有者となる選択です。この他にも、借地権を地主に買い取ってもらうという選択もありますし、土地が広い場合は地主と等価交換をして土地の所有者になる、借地契約を継続して借地上にアパートなど収益物件を建てて、有効活用するという選択もあります。

借地権を相続することで、そこに住む予定がない人にとっては負担になる場合もあり、売却を一番に考えることも多いのですが、権利関係や交渉の問題などで借地権の売買はなかなか進まないと困っている人も多いです。専門家に相談する際には、どういった選択をするのが自分や家族にとって良いのかも含めて相談してみてはいかがでしょうか。