相続をした借地権の売却について専門家に相談する

借地権とは、他の人の土地に建物を建てて所有するために、土地を貸している地主に対して発生する借主の権利のことです。借地権は他の不動産と同じように相続財産として相続することができます。相続をした後も土地を借り続ける権利を持つことができます。

単純に相続人に借地を相続する場合、借地権の相続に関する許可を地主に申し出る必要ななく、土地の賃貸借契約書を書き換えたり、契約更新をしたりする必要はありません。地主には、土地の賃借権を相続により取得したことを内容証明などで通知するだけで手続きは終了します。ですが、借地権のある土地の上に建っている建物の所有権については、相続した人の名義に変更しなければなりません。

また相続した借地権は売却することもできます。相続したタイミングで売却を行うという相続人も多く存在し、土地を貸している地主の承諾があれば、売却をすることができます。地主の承諾を得ずに勝手に売却をした場合には、契約違反になり、借地権の明け渡しを地主側から受けることになり、トラブルに発展してしまうことも少なくないので、承諾を得て、承諾料を支払い、売却を行うという流れは必ず守る必要があります。

借地権の中には、地主との活計によって借地権を所有しているという場合もあり、借地権が第三者に渡ってしまうことを嫌う地主も実際に存在します。場合によっては売却をさせてもらえないかどうか説得をしなければならないこともあります。そこで間に入って交渉の手助けをしてくれるのが、専門家です。借地権の相続に関する専門的な知識を持つ専門家に相談することで、スムーズに相続した借地権の売却を進めることができるのではないでしょうか。