借地権の売却の流れ

借地権の売却を行う際には、大部分が地主の承諾を必要とします。この他にも承諾料を要求されるなど、借地権者にとって制約になってしまうこともあり、個人で第三者に売却するのは難しいものです。

借地権の売却をする際には、法律や税務など複雑に絡み合っていることが多い、地主と借地権者の間で感情が複雑に絡んでいることが多い、そして多くの場合、地主側の方が知識や経験があることで交渉に長けていることが多い反面、借地権者は借地や借地権に関する知識が乏しく交渉も不慣れであることなどから、地主側との交渉や手続きは専門家に依頼することが望ましいです。

借地権を売却する流れとしては、名義書替の承諾、建物替えの承諾、抵当権設定の承諾、次の借地権者への借地契約条件の打ち合わせ、承諾などが必要になります。万が一、地主から借地権の売却の承諾を得ることが出来ない場合には、裁判所で借地非訴手続きを行うことで、裁判所から土地所有者の承諾に代わる許可を得ることで売却が可能になります。ですが、ここまでくると地主と借地権者の間の関係は悪化している状態になるので、その後の売却価格が下がってしまう傾向にあります。借地権は土地を借りる権利なので、土地を所有している地主との関係が悪化したまま借地権を売却するとなれば、第三者への影響も良いものではないので、借地権そのものの価値も下がってしまうと考えてよいでしょう。